出会系サイトで出会うコツ!出会えるプロフ・メールの作成方法

まずはプロフィールから!

優良出会系サイトに登録すれば、誰にも出会いのチャンスがありますが、しかし出会うための努力や工夫をしなければ、出会いの可能性は低くなってしまいます。それにはまずプロフィールの設定をしなければなりません。よく言われることではありますが、基本だからこそ最も重要なことなのです。それも、ただ「充実させる」というのではいけません。

サイトに登録したら、まずはサイトの用意した項目、たとえば年齢や住んでいる場所の詳細な地域、身長、体重などをすべて埋めるようにしてください。どうしても明かしたくないという項目は未設定のままで構いませんが、他のすべてを埋めているのにそこだけ未設定という部分を見れば、女性は必ず「何かあるのかな?」と思います。自分に不利に働くようなことを隠したい場合は、どうでもいい箇所をいくつか選んで、適度に空欄を作っておくようにしましょう。

それを終えましたら、次に自己紹介文の設定をします。ここに何を書いたらいいかわからないという方も多いかもしれませんが、あまり難しく考える必要はありません。書き出しは「都内で○○の仕事をしている者です」といった感じでOKです。そのあとに、どうしてサイトに登録したのか、どんな出会いが欲しいのかといったことを書きましょう。

このときのポイントは、下心を感じさせるようなことや、自分に不利に働くようなことを書かないということです。たとえばサイトに登録した目的を「セフレ」などと書いてしまうと、おそらく誰にも相手にしてもらえません。そこからはヤらせてくれるのなら誰でもいいというニュアンスが感じ取れるからです。また、エッチなことを言っている男性は単純に気持ち悪いというのもあります。

女性は男性の性欲を満たす道具ではありませんから、セックスできれば誰でもいいと考えているような男性と会いたいとは思わないでしょう。たとえセックスフレンドを探しているのでも、友達を探しているとか、そのくらいに書いておいてください。嘘はついていないですしね。

それと自分に不利に働くようなこと。たとえば無職であるとか、お金がないとか、童貞であるとか、今まで誰とも付き合ったことがないとか、そういうことも書かないようにしましょう。それを読んだ人が自分と会いたいと思うかを考えて自己紹介文を作成してください。「職場が男だらけで出会いがないので登録しました。とりあえずメールからでもいいので仲良くできたらいいなと思っています」といった書き方にしておけば問題ないでしょう。

そのあとに、行を改めて、自分の趣味のことなどを書いてみてください。そのときのポイントは、なるべく詳しく書くということですね。映画好きの方が「俺は映画が好きなんだ」と言っても、どう好きなのか、どれくらい好きなのかはわかりませんよね。好きなタイトルや監督、ジャンル、どのくらいのペースで映画館に足を運ぶのかといったことと絡めて書くようにしてみてください。

情報量を多くすれば、今の例でいうなら、同じタイトルや監督、ジャンルを愛する女性が興味を持ってくれるかもしれません。そこから出会いに発展することもありますので、なるべく詳しく書く、これを心がけてみてください。

メールをするときのポイント

さて、プロフィールを完璧にしたら、次に女性にアプローチをしていきます。ここがいちばん緊張するところです。普段は何気なく交わしているメールも、ここに来ると、どんなことを書けばよいのかわからず、難しいものに思われてくるでしょう。

そこまで難しく考える必要はありませんが、ポイントは、どうしてその女性にメールしたのかをハッキリさせることですね。先ほど述べたように、女性は、誰でもいいから会いたいという男性を毛嫌いしています。ですので、メールの中に、どうして自分と会いたいと思ったのか、その動機が書かれていないと、まず返信しないのです。

ある女性に連絡してみようと思ったときには、彼女のプロフィールや掲示板への書き込みをよく読んで、自分との共通点を探すようにしてみてください。そしてそれをメールした理由として語るのです。そうすれば話題にも困りませんよね。たとえば、彼女の趣味が自分と同じだった、だから仲良くなれるかもしれないと思ったとか、サイトに登録した目的や出会いのない今の境遇がまったく同じで共感してしまったとか、そういうことを書きます。

むろんこれは嘘でもかまいません。結局のところ、私含め、男はただでセックスさせてくれる女性が見つかればなんでもいいのだと思います。相手に「誰でもいい」といった印象を与えないために理由をはっきりと書くべき、というだけですから、別に彼女を落とすために共通点をでっちあげてもいいわけです。それに彼女が騙されてくれて、会ってくれて、セックスしてくれたらなんだっていいでしょう。

ただし嘘をつくときには、自分のプロフィールにその発言と矛盾するところがないか、メールする前に点検するようにしてください。また、場合によってはネットでその事物についてリサーチしながら話をしていくことになるかもしれません。会うときまでには調べなくとも語れるくらいにはなっておかないといけませんので、その点を留意したうえで、うまいこと出会いを探していってみてください。